メガネやコンタクトレンズの医療費控除対象か非対象か

1年間医療費を多く支払った人は確定申告にて医療費控除を申告すると納める所得税を減らすことが可能です。
日常生活で使うメガネやコンタンクトレンズは医療費控除の対象外です。
ただし、医師によって視力を回復さえるために治療として必要とする場合には医療費控除の対象になる可能性はあります。
幼児で視力が未発達で視力を上げるためにメガネが必要と医師が指示した場合による購入は、治療の一環として直接必要なため医療費控除の対象です。
斜視や白内障や緑内障などの治療で手術後に機能回復のために必要なメガネの購入費用などは医療費控除の対象となります。
プラスチックやチタンなどフレームの材料として通常使われているものを使うと医療費控除の対象となりますが、プラスチックのフレームにダイヤモンドの装飾が就いている場合には控除対象外になる可能性があります。
コンタクトレンズに関しても医師の診療または治療の対価と認められている場合には医療費控除と対象と認められる可能性が高いです。
視力を回復させるレーザー手術では医療費控除の対象となります。

Copyright©医療 All Rights Reserved.

医療